昆虫研究所 > トンボ目カワトンボ科) | マ行) > ミヤマカワトンボ 分類で探す名前で探す

ミヤマカワトンボ

Calopteryx cornelia


2007.8 大阪府

2008.8 大阪府
分類トンボ目・カワトンボ科 解説カワトンボの仲間では最大で、低山地から山地にかけて、流れの緩やかな川やその周辺で見られる。後翅に褐色の帯があり、成熟すると体の一部が白い粉で覆われる。縄張りを持ち、川周辺の岩などにとまって監視する。水中に潜って産卵することがある。
時期5〜9月
分布北海道・本州・四国・九州
大きさ体長:60mm、開張:90mm
別名
詳細画像

全体(表)

全体(裏)

全体(横)

頭(前)

頭(横)

頭(表)

頭(裏)



羽(付根)


尻尾(表)

尻尾(裏)
画像いろいろ

ページの先頭へ