昆虫研究所 > コウチュウ目1カミキリムシ科) | マ行) > ミヤマカミキリ 分類で探す名前で探す

ミヤマカミキリ

Massicus raddei


2007.7 大阪府

交尾
分類コウチュウ目・カミキリムシ科 解説日本で最も大きいカミキリムシの一つ。夜行性で、夜間にクヌギやコナラなどの樹液に集まる。幼虫はクヌギやコナラ、クリなどの木の中に棲み、それを食べる。
時期6〜8月
分布北海道・本州・四国・九州
大きさ体長:34〜57mm
別名
詳細画像

全体(表)

全体(裏)

全体(横)

頭(前)

頭(横)

頭(表)

頭(裏)

触角

前脚

前脚(先)

後脚

後脚(先)

ページの先頭へ